4局面|理解の深さとチームの強さ - ACA12サッカースクール|入間市

プレイ分析|ACA12サッカースクール

4局面|理解の深さとチームの強さ

4局面の理解

入間市|サッカースクールメンバー募集中!ACA12

4局面の理解の深さが違う?

サッカーが強いチームは4局面のプレイがとても良く出来ています。プレイとは「判断と行動」なので、自ずと4局面でやるべきことを「判断」が出来ていることになります。

4局面とは「攻撃」→「失う」→「守備」→「奪う」が繰り返されるサッカーの構造を指したものでサッカーの原理原則とも言われます。サッカーとは?という問いに対しての答えは「4局面」というように答えることが出来ます。

この4局面で重要になるのは「奪う」→「攻撃」というポジティブトランジジョンの理解の深さです。

ここの落とし込みで結果が変わる?

チームの強さは、この4局面の理解の深さによって変わります。どのように選手に理解させるかはチームによると思いますが、強いチームにはそのチームの「ポジティブトランジジョン」のカラーがあります。

チームの強さはゲームを見ればわかる?

ジュニア世代で全国レベルのチームと市内レベルのチームではテクニックの部分であまり大きな差は出ないと思います。もちろんトレーニング量によってテクニックは向上しますが最低限のクオリティを出せれば強さとはあまり関係がありません。それでは違いはどこにあるのか?この強さの差が4局面の理解の深さということになります。

市内レベルのチーム

市内でもあまり勝てないようなチームは4局面を理解出来ていないかもしれません。単純な話「守備」が出来ていません。攻撃っぽいことをやっていますが攻撃にもなっていないと思います。これはボールを持つことが攻撃ではないからです。

地区レベルのチーム

この辺りから「守備」ができるチームが出てきます。相手のミスではなく相手から意図的にボールを奪い攻撃を仕掛けることができていると思います。しかし、県レベルのチームに勝つことはできません。

県レベルのチーム

サイドからのクロス、セットプレイ、GKからのロングパスなど、で得点し気合と根性で勝ち上がってきたチームはここから上に上がることは難しいと思います。ここからは「攻撃」ができるチームが勝利していくと思います。地区レベルとは異なり守備を攻撃で打ち崩し中央突破で得点を取ることが出来るチームが主役になります。

全国レベルのチーム

ここからはクオリティ、強さ、身体能力が求められると思います。どのチームも4局面をプレイすることが出来るので、いかにクオリティを維持できるかが勝負を分けます。全国レベルのチームには基礎技術の向上やメンタルの強化、など厳しいトレーニングも必要になると思います。4局面のプレイが当たり前に出来ているから選手の要素が求められているわけです。分かりやすいこの部分だけを真似しても選手が苦しむだけになってしまうので注意が必要です。

「奪う」→「攻撃」を理解する!

ジュニア世代には、この「奪う」→「攻撃」を理解できていない選手がとても多いように思います。「奪う」の状況をよく考えてみてください。相手からボールを奪った時どのような状況になっているのか?ボールを奪った後相手はどこにいますか?おそらく自分の後ろにいると思います。これが「奪う」→「攻撃」のポジティブトランジションの状況です。ボールを持って自分をマークしている相手と対峙して1対1をやっていたりしませんか?「奪う」→「攻撃」の状況では相手が背後にいるはずです。

【公式】スポーツ用品総合通販ならスーパースポーツゼビオ

ジダンなどのプレイをみるとトラップで自分のマークを剥がし他のディフェンスをルーレットなどで交わしている様子が見られると思います。イニエスタは?ロナウドは?などとプレイを見比べていると発見があると思います。

パススピードを活かしてファーストタッチで剥がす、ボールを取りにくる相手に対してボールコントロールで逆を取り剥がす、など強いチームはこのようなプレイがしっかりと落とし込まれています。これは子供の努力だけで気付くレベルの話ではなく指導者がきっかけを与えて落とし込まなければ出来ないプレイの一つです。そしてここからジュニアユースの闘いが始まるわけです。

ヒント|知ることと理解することの違い

こちらの記事をチェック!気付く力は知識と経験

関連記事

  1. 学習と練習 【最高!】の親子トレーニング!?
  2. 周りを見る トレーニング|周りを見る!首を振る!
  3. ファンタジスタ 日本サッカーにはマリーシアが足りない!?賢さとは何のこと?
  4. トランジション 【退場!?】10人で勝つゲームの謎?
  5. 自主性主体性 サッカーのトレーニング|自主的で主体的な行動「プレイ」を育てるイ…
  6. サッカーの原理原則 原理原則と4局面|サッカーのトレーニングでおさえること
  7. 3ゾーン サッカー|3ゾーンでのプレイの変化?
  8. 少年サッカー 4種少年サッカー|勝つ方法!!誰が相手でも負けてはいけない?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


pick up!

いるまんなかさんぽ いるまんなかさんぽ2021で育成|入間市

入間市|サッカースクールメンバー募集中!ACA12いるまんなかさんぽとは?入間市の商工者と市…

ドリブルのコツ ドリブル|爆速上達術!目的を変えることで誰でも明日からメッシになれる!?

ドリブルは習ってはいけない!?サッカーではじめに取り組むトレーニングはドリブルかもしれません。…

サッカーとは サッカーを文化に|もう迷わない!プレイ?プレイモデル?セレクション?テクニック?

サッカー|プレイとは?サッカーのプレイとはどんなことを指すのでしょうか?一般的にプレイと…

プレス ボールを奪うトレーニング|これが出来ればなぜかサッカーが上手くなる!

ボールを奪う|サッカーが上手くなるために必要なトレーニング!ボールを奪うために行こうとすると「一…

サッカーの原理原則 サッカーの原理原則|ゴールが生まれる瞬間とは!攻撃編

サッカーの原理原則とは?サッカーには原理原則という不変の構造があります。このサッカーの原…

トレーニングとは 本の選び方|トレーニングメニューではサッカーが上手くならない理由!

トレーニングメニューは買える?サッカーのトレーニングメニューは書籍などでも販売されています。…

習い事選び 【子供の習い事選び】サッカー?野球?

入間市|サッカースクールメンバー募集中!ACA12習い事で人気のあるサッカーと野球の背景と課題…

コミュニケーション 少年サッカー|高度な連携プレイのつくり方!

入間市|サッカースクールメンバー募集中!ACA12連携をつくるためにACA12サッカースクー…

ヘディングトレーニング ヘディング|足でボールを扱うサッカーで唯一の空中戦!

サッカー|ヘディングのテクニックサッカーではインプレー中にキーパー以外のプレーヤーが手を使うこと…

ジュニアサッカー ジュニアサッカーの課題|教え方がそもそも違う?試合は発表会ではない!?

ジュニアサッカー|6歳か12歳の貴重な期間!日本でジュニアサッカーというと小学生の期間を指します…

new!

  1. ドリブル
  2. トレーニングとは
  3. グローバル人材
  4. 少年サッカー
  5. ボールの置き所
  6. サッカーの指導者の役割
  7. サッカーが上手い選手
  8. 都市伝説
ドリブル
  1. トレーニングとは
  2. グローバル人材
  3. 少年サッカー
  4. ボールの置き所
  5. サッカーの指導者の役割
  6. サッカーが上手い選手
DAZN
PAGE TOP