ボールを奪うトレーニング|これが出来ればなぜかサッカーが上手くなる! - ACA12サッカースクール|入間市

コーチング|ACA12サッカースクール

ボールを奪うトレーニング|これが出来ればなぜかサッカーが上手くなる!

プレス

ボールを奪う|サッカーが上手くなるために必要なトレーニング!

ボールを奪うために行こうとすると「一発で行くな!」と声が掛けられることがあります。行かなければ相手へプレッシャーが掛かることがなくなり、相手は一番ボールを失いやすいトラップを落ち着いて行うことが出来ます。トラップは精神的なゆとりがある中では誰でも出来るプレイですがプレッシャーが掛かったとたん難易度がグンっと上がります。テクニックは相手がいるプレッシャーのある中でトレーニングしないと上達しません。ボールを奪うトレーニングそのほかの部分を伸ばすためにも必要不可欠です。



ボールを奪うトレーニング|ポイントは「ミス」をさせること?

恐らくそのタイミングで一発で行ったらかわされてしまったのでしょう。それを未然に防ぐ声が「一発で行くな!」というものです。そして相手にかわされることで起こりそうなことはピンチや失点です。実はこの声、意図せずとも「その子が上手くなるためもの」ではなく「チームが負けないためのもの」になってしまいます。

本当の意味で勝ち負けにこだわるのはスポンサーが付く大人になってからでしょう。選手はどこかでミスをし経験を積む必要があります。そしてこれはなるべく早いほうがいいので気付いた時に取り組むべきだと思います。

ボールを奪うためにプレッシャーを掛けた選手がかわされたことで気が付かなければならないこと「機会」「タイミング」「ポジション」のミスです。ボールを奪うトレーニングで身に付けたいのはこの「機会」と「タイミング」と「ポジション」です。

成長期のラストスパートに!中高生のためのドリンクサプリ【ノビエース】

ボールを奪うプレイ|失敗成功のもと!

サッカーの試合でボールを奪うためには、トレーニングでミスをさせなければ上手くなることがありません。トレーニングでは選手のミスを引き出しじっと見ている、上手くなるために指導者は我慢が必要です。選手は、将来必要になる判断を身につけるためにはミスして良い時期にミスをする経験が必要です。

部活も勉強も全力の中高生を応援!成長期応援ドリンク【ノビエース定期便】

いつ頭に入るのか?

これはいつも不思議だなーと思っていますが、普通のときはメチャクチャ重要なことをいくら丁寧に説明しても頭に入らないんです。この頭に入るときは「本人が気付くタイミング」でその気付くタイミングは「本人がミスを自覚した時」です。優れたサッカーコーチはミスが起きやすい状況をトレーニングで作り出し的確に指摘して選手を伸ばします。

サッカーの指導者はどうやって選手を伸ばすのか?フリーズコーチング|人が成長する仕組み

ミスをジャッジする!

そもそもボールを奪うために一発で行くことがミスなのでしょうか?これは違います。ミスしているのは、機会の判断、ポジション、飛び出すタイミングです。そうなると伝えるのは「一発で行くな!」ではなくディフェンスポジションの修正からになります。

スポーツ界で話題!部活を頑張る息子を応援するなら!【ノビエース定期便】

ボールを奪う|一発で行く選手達の可能性

この選手達はボールホルダーに対してとても良いプレッシャーをかけます。ボールを奪うことが出来なくても相手が焦ってボールコントロールをミスすることもあるくらいです。一発で行くな!と言う声はこの強烈なプレイを失わせます。海外を経験したあるプロ選手が言っていた日本に足りない球際の激しさ、ボールプレッシャーはここで失っているかもしれません。このボールへのプレッシャーをかわすためにファーストタッチや攻撃サポートなどのオフェンステクニックが必要になるわけです。

繰り返しになりますが「普通のときはメチャクチャ重要なことをいくら丁寧に説明しても頭に入りません。これはいつも不思議に思います。頭に入るときは本人が気付くタイミングで、その気付くタイミングは本人がミスを自覚した時です。」これはオフェンステクニックも同じです。良いプレッシャーを掛けられる選手がチームにいるとオフェンス力は間違いなく向上します。

シリーズ累計100万袋突破!中高生向け成長期応援ドリンク【ノビエース定期便】

ボールを奪うトレーニング|ディフェンスポジション

ここではボールを奪うために必要なポジションについてまとめて行きます。ここで注意したいのは、ボールを持っていない相手に対するポジション【オフザボール】とボールを持っている相手に対するポジション【オンザボール】とでポジションが異なる点です。ディフェンスポジションは2つあります。

オフザボール|マークする相手がボールを持っていないときのディフェンスポジション

  • 相手とゴールの間
  • ボールと相手を同一視野
  • インターセプトが狙える距離、裏を取られない場所

これがオフザボールのマークの原則です。ボールを奪うためには、原則としてこのポジションにいなければなりません。

オンザボール|マークする相手がボールを持っているときのディフェンスポジション

  • 相手に両手が届く距離
  • ボールとゴールの間

です。従って「一発で行くな!」はオフザボールディフェンスポジションの「インターセプトが狙える距離」からずれているから間に合わないこと、が原因だと分かると思います。トレーニングのときにこれが完璧に身に付けばいいのですが、ことはそう簡単ではありません。

ボールを奪うトレーニング|なぜポジションが上手く取れないのか?

このままマークの原則を伝えて子供達がプレイ出来るのであれば何の問題もありませんがそれは困難です。そう、このポジションは「マークする相手」に対するポジションなのです。当然相手は動きますよね?

いつ、そのポジションを取るのか?ということが分かっていないとそのポジションを取ることができません。

成長期のラストスパートに!中高生のためのドリンクサプリ【ノビエース】

ボールを奪うトレーニング|ボールを奪う機会とは?

少し専門用語になりますが「規制をかける」これがボールを奪う機会になります。サッカーの試合中では「はめる」「はまった」などと言ったりもします。

これはどういうことかというと「規制をかける」ことで相手の動き思考がとまる状況を指します。この状態の相手にプレッシャーを掛けることができれば相手は反応して何らかのアクションを起こすことになります。ここがボールを奪う機会になるわけです。そして、この規制のひとつオフザボールのディフェンスポジションです。

ボールを奪うトレーニング|最も重要なボールホルダーに対する規制

ここが難しいところだと思います。恐らく「一発でいくな!」はここで発せられていると思います。

ボールを持っている相手にスピードを上げて近づけば当然剥がされてしまいます。それでは行かなくていいのか?というと行かなければ前に運ばれてしまいます。ということは行かなければならないわけですね。どうしましょうか?

ここで必要となるのも「規制をかける」ことです。誰が規制をかけるのか、というと「カバーポジション」に入っている味方ということになります。ここでの流れで言うと「オフザボールのディフェンスポジション」ということです。

シリーズ累計100万袋突破!中高生向け成長期応援ドリンク【ノビエース定期便】

パスやドリブルのコースをオフザボールのディフェンスポジションで規制する。そこにさらに利き足などを規制しながらプレッシャーを掛けに行くわけです。そのプレッシャーにより相手は「はまる」ことになります。ということは、周りの味方が「オフザボールのディフェンスポジションン」を取れていなければ規制が掛からない、ボールを奪うことができなくなります。そうです、これは1対1ではなくサッカーの試合だからです。

ボールを奪うトレーニング|先を見据えることが大切!

ジュニア世代では特に「規制をかける」ことはあまりできていないと思います。ジュニア世代に限らずボールを奪うシーンは、ディフェンス側主導ではなくオフェンス側が勝手にはまっていくケースのほうが多いような気がします。



多くの場合は相手のミスによりボールを奪う機会が生まれていると思います。この段階で出来ることは【ボールホルダーに対してプレッシャーをかけること】にあると思います。はじめから大人のようなボールの奪い方は出来ないかもしれません。しかしファーストステップは相手にプレッシャーを掛けることにあります。ボールホルダーにプレッシャーを掛け続ける中で選手たちは気付くと思います。ここをじっくり見守る環境がなるべくサッカーのキャリアの浅い段階で必要になります。

ボールを奪う|ACアルマレッザlazoのゲーム

入間市|金曜日はボールを奪うトレーニング!

入間市|サッカースクールメンバー募集中!ACA12

関連記事

  1. 自立 自主性、主体性、自立|大人のいない環境で育つ!
  2. コーチングのコツ コーチング|サッカーの指導で身に付くスキル!人材育成のレベルアッ…
  3. コミュニケーション 少年サッカー|高度な連携プレイのつくり方!
  4. 成功体験 コーチング|成功体験を積み上げる!
  5. 学ぶ 【超重要】学びとは?
  6. 習慣 【トレーニング】習慣を身に付ける
  7. ディフェンス ディフェンス|サッカーで必要な3つの守備テクニック!個人戦術とは…
  8. プロサッカー選手 【超重要】プロサッカー選手の育て方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


pick up!

書道教室 書道教室で身に付く武器?

サッカースクールなのに書道教室!?ACA12サッカースクールでは現在月一回のペースで書道を習う機…

トランジション トランジション|サッカーで身に付けるべきプレイとは?学習と練習

サッカー|トランジションとは?サッカーではトランジションという言葉を良く聞きます。このトランジシ…

インテリ 気付く力=知識+経験

入間市|サッカースクールメンバー募集中!ACA12ライセンス?意味ないよ!よくある話としてサ…

ドリブル 技術|サッカーが上手くなるために必要な「たった3つ」のテクニック!

サッカーはとても簡単!サッカーはとても簡単に上手くなることが出来ます。それはサッカーが足…

自立 自主性、主体性、自立|大人のいない環境で育つ!

サッカーって楽しいもの!月一回のゲーム会ACA12サッカースクールでは月に一回子供達が自由にゲー…

ポジション サッカー|ポジションの取り方が分からない!?

ポジションとは?ここでのポジションはシステム的なことではなく自分がいる場所いるべき場所のことです…

サッカーのコツ サッカー|どうしたら上手くなるのか?コツとつまらないの原因

サッカーが上手くならない原因とは?サッカーをやっていても上手くならない、つまらなくなりやめてしま…

左足のシュート シュートでゴールを奪う|フォーム言語化の重要性

入間市|サッカースクールメンバー募集中!体験大歓迎!シュートはサッカーでゴール奪う手段シュー…

ドリブルのコツ ドリブル|爆速上達術!目的を変えることで誰でも明日からメッシになれる!?

ドリブルは習ってはいけない!?サッカーではじめに取り組むトレーニングはドリブルかもしれません。…

グローバル人材 育成論|サッカーが上手くなることでグローバルな人材に成長する仕組み?!

育成|発明を産む思考力を身に付ける!このサッカースクールではサッカーを楽しむだけで以下のようなこ…

new!

  1. ドリブル
  2. トレーニングとは
  3. グローバル人材
  4. 少年サッカー
  5. ボールの置き所
  6. サッカーの指導者の役割
  7. サッカーが上手い選手
  8. 都市伝説
ドリブル
  1. トレーニングとは
  2. グローバル人材
  3. 少年サッカー
  4. ボールの置き所
  5. サッカーの指導者の役割
  6. サッカーが上手い選手
DAZN
PAGE TOP