プレイ分析|ACA12サッカースクール

原理原則と4局面|サッカーのトレーニングでおさえること

サッカーの原理原則

入間市|サッカースクールメンバー募集中!ACA12

目次

サッカーって何?

当然ですが、サッカーをまったく知らない人にサッカーを説明できますか?多くの人はサッカーのルールについての説明になると思います。具体的に言うと、足でボールを蹴る、手を使ってはいけない、など。でもこれはサッカーの一部であるルールの話です。

サッカーの目的とは?

サッカーはじゃんけんと同じです。じゃんけんで勝ったらお菓子をもらえる!など。サッカーも同じで勝敗を決めるために試合をするスポーツです。疑いようもなくサッカーの目的は勝敗を決めることです。そしてスポーツの目的が、気晴らしをすること、楽しむこと、です。ここがごちゃごちゃになりがちですがサッカーもスポーツの一部です。当然のことながらスポーツの目的である、気晴らし、楽しむこと、が前提にあり勝敗を決める一つの方法がサッカーになります。

原理原則|サッカーの構造

これがサッカーを楽しむために絶対に抑えなければならないことです。「サッカーの原理原則(4局面)」これがサッカーの正体です。

4局面|サッカーの原理原則とは?

サッカーの構成要素はとても単純です。必ずサッカーはこの原理原則に基づいてプレイされます。というよりプレイされることになります。

攻撃→ボールを失う→守備→ボールを奪う→、、、この4つの局面がくるくる回るのがサッカーの構造で、サッカーの原理原則、4局面とも言われるものです。また攻撃と守備はゴールが対象で失うと奪うはボールが対象です。

例えば、

ボールを持ちパスをする(攻撃)→相手がインターセプトする(ボールを失う/ボールを奪う)→前進させないように前に入る(守備)→ドリブルを抑えてボールを(奪う/失う)→ゴールを目指す(攻撃)へ、という形で展開されていきます。当然、相手は逆の局面をプレイします。

4局面|4つの局面とは?

攻撃、ボールを失う、守備、ボールを奪う、サッカーは4つの局面で構成されています。

ここで問題です。Q.4つの局面をトレーニングしていますか?

ボールを持っているのは攻撃の局面です。そして一人がボールを持つ時間は90分のうち数分と言われています。残りの時間は何をしましょうか?

8人制サッカーの目的

ここでなぜジュニアが8人制サッカーを導入しているのか整理します。今ジュニアでは8人制サッカーに取り組んでいます。これは一人当たりのボールに関わる機会を増やすためです。11人制ではなかなかボールに絡めずボールを触ることなく試合が終わってしまったりもしました。8人制にすることで多くの選手がボールに関わる機会を得てプレイすることが出来ています。そのためか少し偏った選手達も目立ちます。サッカーは原理原則(4局面)でありそれぞれの局面でプレイを求められます。

例えばドリブルだけでは通用するわけがありません。なぜなら自分がボールを持つ時間は90分のうち数分だけです。そのほかの時間は何をプレイするのでしょうか?

サッカー|ボールを奪うからはじまる!

サッカーはボールを奪うことが重要です。ボールを奪った後には攻撃があり自分がボールを握っていることになります。自分自身にプレイの選択権があり判断の必要性がでてきます。また自分の相手からボールを奪っているわけですから1枚剥がしたことになります。目の前には2対1の構図がおのずと現れさらに相手の守備ポジションは、ずれています。

補足すると、相手は今まで攻撃をしていたので外側にいます。それは守備はゴールが対象でゴールは中央にあるからです。つまり自分達は守備をしていたので内側に、相手は攻撃をしていたので自然と外側にいるわけです。
スポーツ界で話題!部活を頑張る息子を応援するなら!【ノビエース定期便】

サッカー|上手くなるアイデア

まず原理原則(4局面)をプレイすること、そしてこれはクルクル回っていること、守備はゴールを守ること、ゴールは内側にあること、ボールを奪えば自分がボールを持てること、ボールを奪えば1枚剥がせること、奪った直後は相手の守備ポジションがずれていること、こんなところです。

となるとサッカーに必要なプレイは、どのタイミングで?どのような判断?どのようなドリブル、パス、プレイ?どのようなポジション?と見えてきます。それを落とし込んでトレーニングすれば当然サッカーは上手くなります。

球離れの悪い子は原理原則(4局面)がまだ理解できていません。なぜなら、わざわざ相手に守備ポジションに付く時間を与えて次の局面「失う」のリスクを高めているからです。そしてこの4局面がサッカーでありサッカーが上手い子とは原理原則(4局面)のプレイが上手い子です。ACA12スクールの子達は4局面を理解しプレイています。だから誰にでもパスが回ってくるわけです。

原理原則|4局面を更に深堀!

こちらの記事をチェック!4局面|理解の深さとチームの強さ

関連記事

  1. トランジション トランジション|サッカーで身に付けるべきプレイとは?学習と練習
  2. ジュニアサッカー ジュニアサッカーの課題|教え方がそもそも違う?試合は発表会ではな…
  3. サッカー選手 サッカー選手|走り込みは必須?!
  4. 周りを見る トレーニング|周りを見る!首を振る!
  5. 自主性主体性 サッカーのトレーニング|自主的で主体的な行動「プレイ」を育てるイ…
  6. おしゃれなディテール おしゃれなサッカーの作り方?
  7. ファンタジスタ 日本サッカーにはマリーシアが足りない!?賢さとは何のこと?
  8. 攻撃サポート ポジショニング|攻撃サポートのイメージ作り

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


pick up!

タートル うさぎとかめの競争から見る育成論

うさぎとかめの話とは「うさぎとかめが競争をして大きくリードしていたうさぎが昼寝をしてしまいカメが…

プロサッカー選手 【超重要】プロサッカー選手の育て方

入間市|サッカースクールメンバー募集中!ACA12プロサッカー選手になるために!プロサッカー…

ディフェンス ボールを奪う|サッカーのディフェンストレーニングはこれで解決!

ボールを奪うためにディフェンストレーニングをやっていますか?ボールを奪うプレイはサッカーにおいて…

韓国代表に熱戦を制した日本代表!2000年4月12日の試合分析

2000年4月12日、韓国の釜山で行われたサッカー日本代表対韓国代表の親善試合。この試合で、トルシエ…

ネガティブとポジティブ コーチング|ネガティブからポジティブチェンジ!声掛けのコツ

指導者のあまり綺麗ではない言葉のわけ?試合会場では「へ○たくそ!」「何やってんだよ!」「だめだな…

コミュニケーション 少年サッカー|高度な連携プレイのつくり方!

入間市|サッカースクールメンバー募集中!ACA12連携をつくるためにACA12サッカースクー…

サッカー日本代表 サッカー日本代表|遂に具現化された「ジャパンズウェイ」日本サッカーの形とは?

サッカー日本代表戦|ここから始まる?日本のサッカーサッカー日本代表は2月1日に埼玉スタジアムで首…

ボールをこねる 【解明?】なぜあのサッカー選手はボールをこねるのか?

入間市|サッカースクールメンバー募集中!ACA12ボールをこねるとは?とにかくボールをこねる…

【サッカー選手たちの背番号の意味とは?】- 背番号1の面白いエピソードも紹介!

サッカーにおいて、背番号は選手を識別するために欠かせないものです。しかし、実は背番号には意味や由来が…

習い事選び 【子供の習い事選び】サッカー?野球?

入間市|サッカースクールメンバー募集中!ACA12習い事で人気のあるサッカーと野球の背景と課題…

new!

DAZN
PAGE TOP